ゲームマーケット2019出展決定

おうこくのお祭り~遊び方編~

はじめに

おうこくのお祭りでは、ステップ毎の遊び方を提供したいと思っています。

最終的にはフルパッケージ(すべてのルール)を使っていただきたいのですが、作者自身「このゲームむずかしいね?」となっている現状があり、それを打開するためにあえて、ゲーム構造のステップ化をしていきたいと思っています。

ゲーム構造のステップ化とは

皆さんも一度は遊んだことであるであろう、『大富豪(大貧民)』もゲームのローカルルールはたくさんあります。

ですが、最初からすべてのルールを入れずに、革命、8切り、11バックなどの簡単なルールを追加していきます。次にスート縛りや、階段、続いて7渡し、10捨てなどのルールを追加していくと思います。

当サークルの『おうこくのお祭り』でもそのようにルールを追加していくという遊び方も推奨していきたいと思っております。

もちろん最初からフルパッケージで遊んでいただいてもOKですし、このページの順序通りにステップアップしていただくのも、プレイしていただいている皆様の自由でございます。

それでは、このページではいくつかのステップに合わせて、説明していこうと思います。

ステップ① まずはバッティングゲームを楽しもう!

まずは、バッティングゲームの基礎を楽しんでいただくために、カードに書かれているテキスト(特技)を無視してください。

数字の強さ、被ったらダメ、というのをメインにおいてゲームを楽しんでいただきます。このルールは、かの名作ゲーム『ハゲタカのエジキ』のルールと同じです。

ステップ② ゲストの能力を追加しよう!! ピエロ編

続いては、9枚あるゲストの内の一枚である『ピエロ』の効果だけを追加してゲームをしてみましょう。

MEMO
『ピエロ』(3)→このターンのカードの知名度(つよさ)をひっくり返す。

このカードを追加することで、知名度が高いカードは弱く、知名度が低いカードの方は強くなります。

このゲームの元のゲームである『ハゲタカのエジキ』では、数字が低いカードはただ弱いカードでした。

しかし、おうこくのお祭りでは 知名度が低いカードにも意味を持たせています。そういった想いが詰まった一枚ですので、ぜひとも追加して遊んでいただきたいと思います。

ステップ③ ゲストの能力を追加しよう!!『花火師』『演奏家』編

前ステップの『ピエロ』に続いて『花火師』『演奏家』を追加して遊んでみましょう。

MEMO
  • 『花火師』(2)→このカードで勝った時さらに3点を得る。
  • 『演奏家』(4)→このカードで勝った時さらに5点を得る。

この2枚のカードは、「このカードで勝った時に〇〇点もらえる」というテキストを持っています。つまり、勝つことができれば追加の報酬をもらえるという事です。

この要素によって少しですが逆転できる可能性が増えます。

花火師は国民の次に数字が低いカードなので、ピエロが出たターンに上手くあてることが出来れば、大きな得点を稼ぐことが出来るでしょう。

次に演奏家、このカードはこのゲームでは一番勝ちづらいカードともいえます。しかし、このカードで勝った時の得点は+5点…!!これで勝つことが出来れば、あなたの勝利はぐっと近づきます。

ステップ④ ゲストの能力を追加しよう!!『国民』『商人』編

ここでは、バッティングで勝つ以外の得点の獲得方法を追加します。

MEMO
  • 『国民』(1)→このカードが出た時、自分は1点を得る。
  • 『商人』(6)→このカードが出た時、バッティングしているプレイヤーが居れば、その人数×2点を得る。

この二枚は自分がそのターン勝てなかったとしても得点を得ることができるカード群です。

『国民』では確実に1点を得ることができます。

たった1点と侮る事なかれ、このゲームは意外と点数が平均化することが少なくはなく、僅差の勝負ではこういった得点をしっかり積み重ねていくことも勝利への近道です。

商人は、バッティングに意味を与えるという試みの一つでもあります。

バッティングした人数×2点という一組でもバッティングすれば4点も獲得できるこのゲームで一番のポイントゲッターです。いかにこのカードを発動させていくかが腕の見せ所です。

ステップ⑤ ゲストの能力を追加しよう!! 『英雄』編

次に追加するのはマイナス点をばらまくカードです。

MEMO
  • 『英雄』(8)→このカードが出たターンにバッティングしたプレイヤーに-1点を与える。ただし、誰もバッティングしていなかった場合、自分が-2点を得る。
  • 『王様』(9)→このカードで得点を得た時に、自分は-1点を得る

英雄は、前回のステップの『商人』とはまた違うベクトルのバッティングへのアプローチ。

バッティングにさらなるペナルティを与えます。しかし失敗すると、自分が逆に損してしまいます。上手に使えば僅差のプレイヤーとの得点差を縮めたり、さらに自分が勝てる状況を作れます。

王様は数字が一番強く、勝てるカードとして設定しています。しかし、ただ勝つだけでは面白くない為、なんらかのペナルティが必要だと考えました。なので、この得点をほぼ確実に取れるカードにマイナス点を付けたのです。世の中いいことだけじゃないんだよ、ということですね。

常に自分がマイナスになりうるカードを持っているという感覚も大切かもしれません。

ステップ⑥ ゲストの能力を追加しよう!! 『プロデューサー』 『人徳家』編

バッティングという、刹那的なゲームに次のターンの動きを加えます。

MEMO
  • 『プロデューサー』(5)→このカードを出した次のターン、自分が得点した場合さらに2点を得る。
  • 『人徳家』(7)→このカードを出した次のターン、出すカードの強さを+0.5する。

バッティングゲームというその場その場で終わってしまうゲームに少しのコンボ性を付けてみました。

プロデューサーは次のターンどんな形であれ、得点を得ることができればさらに2点もらえます。これは次のターン自分が得点を取りに行くぞと相手にプレッシャーをかけれますし、逆にブラフにもできます。

人徳家は、次のターンに出すカードの強さを+0.5するという一見地味にも見える効果ですが、これは意外とバッティングの常識を覆します。

つまり、「バッティングしない」状況を作り出せるカードなのです。これを出した次のカードは確実に効果が出せたり、同じカードでも勝てるようになります。

しかし、効果の処理を忘れやすい効果でもあるので、皆さん気を付けてくださいね。(作者の僕もよく忘れています…)

最後に

ゲームをいくつかのステップに分けて説明してきましたが、いかがだったでしょうか。ご自分の好きな効果を自由に組み合わせて遊んでくださいね。

作品詳細

  • お祭りバッティングゲーム「おうこくのお祭り」
  • プレイ時間15分
  • プレイ人数2~6人
  • 販売価格 税込1.800円
おうこくのお祭り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。